お知らせ | 満徳寺|曹洞宗 圓成山 満德寺 - Part 40|満徳寺

Facebookページ
帯イメージ

‘お知らせ’ カテゴリ

十五条のお袈裟 完成いたしました!!

2015年04月18日

十五条のお袈裟

 

『大福田衣に十のすぐれたる利あり。

      世間の衣服は欲のけがれをませども、

       如来の法服ははかくのごとくならず』

              (正法眼蔵より)

 

 

まるで、きれいにならんだ田んぼのように見えませんか?

お袈裟は別名「福田衣・ふくでんえ」といいます。

迷いの多い人生において必要な「こころの糧」を生み出す田んぼをかたどっています。

 

ご飯を食べて生きていかなければならない人の人生には いろいろな我欲がつきまといます。

その「欲」を包み込み、養分にかえ「福」とする。

長く使われてきた布を再利用して、法服・お袈裟として僧侶が身に付けることで

「世間のけがれ」がきよめられます。

古布たちが生まれ変わった時、皆さんへ「福を生じさせる」力となるのです。

 

古布を山形に切り、古い紬の着物をほどいてアゼを置き ひとはり、 ひとはり、

多くの手によって作られた「十五条のお袈裟」。

満德寺の十五条のお袈裟は 皆さんを「幸福」へ向かわせてくれるでしょう。

10月18日の晋山式には 満德寺6世として新住職が「十五条のお袈裟」をまといます。



お稚児さん募集中

2015年04月01日

春のお彼岸より受付を開始しております。

多くの問い合わせをいただき、ありがとうございます。

         稚児行列に3回参加すると「厄除」となる・・・こう言伝えのある行事です。

               大切なお孫さん・お子さんの多幸を願い ぜひご参加ください。

 

      

 3/21(土)10:00より インターネットによる受付を開始致しました。                                                         

           (詳細はホームページ・コンテンツよりご覧ください) 

お稚児さんのメイク: お稚児さんの衣装をつけてからお化粧をします。
           おしろいを塗って「殿上眉(てんしょうまゆ)」を描きます。
           これは「位星(くらいほし)」といって 最高位を表します。
           時代劇で見る“御公家様”のようですね♥          

 

 


募集締切は9月末日。

期日には余裕がありますが、締切日近くには応募の集中が予想されるため、早めの受付をおすすめいたします