満徳寺| » お知らせ

帯イメージ

‘お知らせ’ カテゴリ

「秋の彼岸供養」

2014年09月06日

 

 

秋の彼岸供養」(各家合同・塔婆供養)を

9月23日(火曜日・秋分の日)に行います。

 

   ◎ 1回目  8時30分 開始   受付 午前8時~8時30分

   ◎ 2回目 11時00分 開始   受付 午前10時30分~11時

  •  お布施・・・3千円 檀家以外の方は、5千円

 

※ 法要開始とともに受付を終了しますので、時間厳守でお願いします。

※ お塔婆を準備しますので、はじめてつとめられる方と

先回供養されてない方は、住職まで、ご連絡ください。



双月 平成26年9月 第81号

2014年09月06日

満德寺には時々、新田小学校の子どもたちが社会科見学に来てくれます。 子どもたちに本堂に上がってもらい、お寺の説明をした後に、質問を受けました。

「お墓はいくつあるの?」 「なんで金色なの?」 「木魚はなんで魚なの?」 そんなかわいらしくも率直な質問にたじたじとなりますが、たまには、ドキッとさせられる質問がされることもあります。

あるお坊さんは、「なんで人間は生まれてきたの」と質問されたそうです。

とっさに口から出た答えは「他のひとに尽くすためだよ」 質問した子は「ふ~ん」と、とりあえず満足した様子だったそうですが、答えたお坊さんの方がもう少し納得いかない。

その後、そのお坊さんは、自身の課題として考え続け、ひとつの答えに至ったそうです。

生まれてきた人だれもが幸せになりたいと願う。だから、生まれてきたのは幸せになるため。 しかし、幸せにも種類があります。 お金が儲かった、ごちそうがおいしかった、お風呂で気持ち良くて幸せ。自分だけで感じる幸せばかりを願うなら、かえって、まわりを不幸にするかもしれません。

種類の違う、度合いの異なる「大きな幸せ」もあります。

それは「人のために尽くすこと」で感じられるしあわせです。 「ほめられて幸せ」「感謝されて幸せ」「人に頼られて幸せ」「人を愛し、愛されて幸せ」一人では、感じられないものばかりです。 一人では幸せになれない、だからひとのために尽くすことが大切になります。

「生まれてきた目的」は、幸せになるためで、「幸せへの入り口」が、人のために尽くす事 これを答えとしてよいでしょう。




平成27年晋山式フォトギャラリー