満徳寺| » 満徳寺納骨堂について

帯イメージ

納骨堂について

納骨堂

満德寺には、一時的にお骨をお預かりする納骨堂があります。

檀家の方 は、お墓に納骨し供養されるほかに、この納骨堂に分骨を納め、満德寺のすべての檀家が永代にわたり、共同で供養を続けます。ご遺骨は、6年間はロッカー式の棚に安置し、7回忌の年忌法事の後は、納骨堂の地下に合祀いたします。納骨堂使用料は、最初に納めていただく3万円のみです。

檀家以外の方 の場合、最初に納骨堂使用料として3万円を納めていただき、以後、毎年5千円の供養料をお納めください。期間は最長6年までといたします。

永代供養 としての合祀納骨を希望される場合は、供養料20万円をお納めください。

納骨堂は当寺檀家の共同供養の場ですので戒名、名前の表示はありません。戒名、名前を残したいと考えられる方は、当山の「平等之塔」での永代供養をおすすめしています。


平成27年晋山式フォトギャラリー